Webshop

キレド野菜だからできる加工品、畑と野菜を楽しめる本をご用意しています

野菜と料理をもっと楽しめるような製品を開発しています。キレド野菜のおいしさをどう引き出すか、うーんと試行錯誤した自信作です。

パンにつけたりパスタソースにしたくなるピュレや、そのまま食べたいチップスまで、自分たちがおいしいと思うものをみなさんにもおすそわけします!

そのほか、畑と野菜のおもしろさを凝縮した写真家吉田周平とのコラボ本「キレドの野菜本」もお買い求めいただけます。

野菜宅配をご希望の方はこちらのページをごらんください。

よしる

キレドの野菜と一緒にイチオシの調味料として販売している「よしる」

よしるとは石川県能登地方の魚醤ですが、
よく土産物屋で売っている「いしる」とは異なるものです。
いしるはイカの魚醤、この「よしる」はイワシの魚醤です。

魚醤と聞くと抵抗がある方がいらっしゃるかもしれませんが、
このよしるはイワシの魚醤とあってマイルドな香りが特徴の魚醤。
冷奴や卵ご飯などに直接かけてもとても美味しいです。

キレドのオススメの使い方は野菜炒めや野菜ステーキの最後の仕上げに小さじ1〜2くらいのよしるを回し入れること。香ばしい香りがつくのと同時に出汁を入れたかのようなコクが出ます。
※写真3枚目はノーザンルビーの炒め物。調理例
販売価格 540円(税40円)

カテゴリーから探す

コンテンツ